ワイモバイルとWiMAX

ワイモバイルとWiMAX

我が家は、すれすれでwimaxのエリア外です。

 

wimax室外でも使えるし、動画をうつすのにも不都合なく操作できる速度なので、極力利用したいのです。

 

他へ移り住む予定はないため、今後、通信範囲が拡大してくれることを心から願っています。

 

wimaxの申し込み時に不安に感じたのは、回線の早さのことでした。

 

無線ですから、自分が暮らしている環境にかなり影響されるのではないかと感じたからです。

 

正式に契約する前に、お試しで使って実際の速度を確かめることができました。

 

満足できる早さだったので、直ちに契約しました。

 

フレッツは客からのクレームが多数寄せ集められており、その中の一つに加入後一ヶ月くらい経った頃に、突然ネットに接続できなくなるケースがあります。

 

この実例の場合、設定に間違いのあることがわかって、無事に利用できるようになったみたいですが、こういった、クレーム事例は日々たくさん寄せられているそうです。

 

住み替えがきっかけでフレッツ光をやめた時に心の準備をしておくことがあります。

 

戸建て賃貸の場合、ウェブ使用のために工事により利用できる状態にした回線をどの程度なら残せるのか確認をしないといけません。

 

その事象によって撤去料金に差が出てくるからです。

 

 

 

wimaxを契約した際は、クーリングオフの対象外となっています。

 

それですので、検討に検討を重ねた上で申し込みをしてください。

 

契約した後すぐ解約をすると、解除料や違約金などとうたった費用を請求されます。

 

平たく言えば、携帯電話と同じような仕組みになっているわけです。

 

次回のネット環境として、ワイモバイルを候補としています。

 

せっかくなら手ごろな方がいいので、どんなキャンペーンをしているのか見てみました。

 

大まかに目を通したところ、他社から乗り換えることによりキャッシュバックというものが存在しました。

 

対象などを調べて、慎重になって考えようと思います。

 

wimaxのご契約の有効期間には一年契約と二年契約の二通りがあります。

 

一年契約の場合は、毎年の更新がきます点が大きな特徴です。

 

ご注意点としまして、キャンペーンのほとんどは二年契約の場合だけの適用となりますので、それが大きなデメリットだと思います。

 

裏返せば、二年契約はこの素敵なキャンペーンを利用できますが、二年間は、解約、プラン変更ができません。

 

wimaxの回線は、外出中でも使えるのは便利なのですが、固定回線よりもだいぶ遅いです。

 

動画サイトなどを見ると、コマ送りになったり、画像がカクカク表示されたりすることもよくあります。

 

都心部以外はまだ対応していないエリアもかなりあります。

 

始める前に、使用する場所の確認が重要となります。

 

プロバイダを決める際、利用する期間を一定期間掲げているプロバイダが数多くあります。

 

キャンペーン特典だけ貰って、すぐに解約をされたり、他のプロバイダに乗り換えられないように違約金を掲げているのです。

 

もしも、途中で契約を解除する時には、違約金に関してよく確認を取ってから手続きする方が良いでしょう。

 

wimaxプランのパスポート1年は利用登録料が税別三千円で利用可能です。

 

利用を始めた月、もしくは契約更新月から起算して、十二ヶ月が契約の期間となります。

 

更新の月に解約されない場合は、さらに契約期間が自動的に延長されます。

 

また契約更新月に解約された場合は、違約金は取られませんから、更新月を忘れないようにチェックしておきましょう。